通販でも購入できる

コップを持つ女性

アフターピルはレディースクリニックや婦人科で処方してもらうことができます。
しかし、年齢が若い場合などはレディースクリニックや婦人科を受診することに抵抗があるという人もいますよね。
そんな人はアフターピルを通販で買うという方法もあります。
アフターピルをクリニックや病院で処方してもらう場合、プラノバール錠なら5,000~10,000円、ノルレボ錠なら10,000~15,000円です。
決して安い価格ではないので、通販を利用すれば費用を格段に抑えることができます。
ただ、通販でアフターピルを購入する場合、いくつかのことに注意しなければなりません。
まず、初めてアフターピルを通販で購入するという場合はプラノバール錠よりもノルレボ錠がおすすめです。
プラノバール錠は、中用量ピルといって、ノルレボ錠に比べて1錠に含まれているホルモン剤の量が少ないので、
2錠を1錠ずつ2回に分けて服用することになります。
確かにノルレボ錠に比べるとかなり安い価格で購入できますが、万が一飲み忘れてしまった場合、大幅に避妊率が下がってしまうことになります。
ノルレボ錠なら1回飲めばそれで終わりなので、初めてでも安心して使用できますよ。
また、アフターピルは性交後、早く飲めば飲むだけ避妊率が上がるというお話をしました。
逆に飲む時間が遅くなればなるほど避妊率が下がってしまいます。
通販でアフターピルを購入する場合、ほとんどが海外から取り寄せることになるので手元に届くまでに時間がかかります。
そのため、避妊に失敗した!とわかった時点で注文していては、届くまでに時間がかかり、避妊率が下がったり、最悪の場合間に合わない場合もあります。
もし通販でピルを購入する場合は、「もしもの時」に備える形で事前に注文しておくことをおすすめします。